世界の雨水

広がるバングラデシュ・スカイウォーター・プロジェクト

高橋朝子・柴 早苗(雨水市民の会理事)

図1 スカイウォータープロジェクトの拠点エリア、バングラデシュのクルナ管区バゲルハット県モレルガンジ(Morrrelganj)郡(出典:mappa's BNGLADESH GUIDE MAPの一部から作図)

図1 スカイウォータープロジェクトの拠点エリア、バングラデシュのクルナ管区バゲルハット県モレルガンジ(Morrrelganj)郡(出典:mappa’s BNGLADESH GUIDE MAPの一部から作図)

雨水市民の会の理事であり、(株)天水(あまみず)研究所(以下「天水研究所」)の代表取締役である村瀬誠さんは、バングラデシュ (*1)で低所得層向けの雨水タンクの普及活動に精力的に取り組んでいます。これまでの経緯を含め、雨水タンク普及の最新情報を伺いました。

*1 バングラデシュ:南アジアにあるイスラム教徒主体の国で、ベンガル語圏。日本の約4割の面積に人口1億6000万人を抱える世界最密の国。国土の大半はガンジス川などの巨大河川の下流域で、海抜9m以下の面積が9割を占め、雨季には洪水が頻繁に起きる。近年の経済成長がめざましいが、農村部は水道等のインフラが整備されていない地域が多い。

 

 

 

 

(さらに…)